患者様の立場に立った治療・説明を行います。

診療の流れ

Step 1.問診

問診表に必要事項をできるだけ詳しく記入していただきます。特に全身的な病気の有無、内服している薬などは歯科治療に影響するものも少なくありませんので必ずご記入ください。また歯科治療に対するご希望やお悩みもどんどんお伝えください。

Step 2.診査

お痛み等に対する応急処置を行った後に以下のような検査をして、お口の中の状況を調べます。

  1. 1)レントゲン検査・・虫歯や歯周病の進行状況を調べます。通常のレントゲンの被曝線量の10分の1のデジタルレントゲンなので安心です。
  2. 2)口腔内写真・・虫歯や歯ぐき・歯石の状態を調べるために、お口の中の写真を撮らせていただきます。
  3. 3)歯周病検査・・歯科医師または歯科衛生士が歯周病についての説明をさせていただき、歯周病の進行状況を詳しく調べます。
  4. 4)スタディーモデル採取・・複雑な治療が予測されるような方には、お口の中の全体の上・下の型を取り、模型を製作します。(スタディーモデルと言います。)

Step 3.カウンセリング

前述の検査結果のご説明をさせていただき、それに基づいて治療の予定、計画をご相談いたします。今後の治療を行うために大切なことですのでご説明と相談だけをさせていただきます。より複雑な治療が必要な方には、治療の段階ごとに行います。

Step 4.治療

  1. 1)歯周病初期治療
    成人の患者さまの大半の方は歯周病にかかっています。本格的な治療の前にまず歯周病の治療(初期治療)を行います。歯周病の治療を行わずに歯にかぶせ物などを行うと、せっかくの治療がより良いものでなくなります。衛生士によるブラッシングをもう一度見直していただき、超音波の機械で歯と歯ぐきの境目の歯石を除去します。(スケーリングと言います。)
  2. 2)虫歯などの治療
    初期治療によりお口の中の環境がより良くなったところで、虫歯や根っこの中の神経の治療、詰め物や入れ歯、インプラント治療や審美治療を行います。

Step 5.メンテナンス

治療終了後は定期検診(メインテナンス)になります。定期的に来院していただき、歯周病や虫歯のチェックお口の中のクリーニングをすることにより、虫歯や歯周病の再発や進行を防ぐことができます。また衛生士によるPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥースクリーニング)やフッ素により、さらに効果のあるケアも行えます。