診療内容のご紹介

ブリッジ・入れ歯

歯を失ったところにかみ合わせを回復していく方法です。それぞれの長所・短所をご紹介します。

ブリッジ

歯を削ったところ。

かぶせが入ったところ。

<長所>
  • 固定式なので、比較的しっかりかめる。
  • 通常、数回の治療で完成する。
  • かぶせの材料によっては、きれいな歯に仕上げることができる。
<短所>
  • ブリッジにするために歯を削らなければならない。
  • お掃除しにくい部分があり、歯周病や虫歯になる可能性がある。
  • 支えの歯の状態や歯のなくなり方によっては、できない場合がある。

入れ歯

様々な形や種類があります。

金属のバネがない"エステティック義歯"。これなら他人にも気付かれません。

<長所>
  • さまざまな歯のなくなり方に対応できる。
  • 歯を削ることなく作ることが可能。
<短所>
  • お口の中で違和感があることが多い。
  • 部分入れ歯の場合、バネをかけている歯が虫歯や歯周病になりやすい。
  • 安定した咬み合わせが、長期にわたって続きにくい。
  • 歯ぐきの変化に伴い、作り直しや修正が必ず必要。

インプラント

<長所>
  • すべての歯のなくなり方に対応できる。
  • 骨と直接結合するので、しっかり咬むことができる。長期的にも安定。
  • 歯を削ったり、バネをかけたりする必要がないので、ほかの健康な歯にやさしい。
  • 総入れ歯の維持装置としても使える。
<短所>
  • 治療期間が長くなる。(インプラントと骨がひっつくのに2〜3か月。)
  • インプラントを埋め込む小手術が必要となる。

※詳しいインプラントの症例は、インプラントのページをご覧ください。