診療内容のご紹介

一般・小児

歯科治療が苦手な方や不慣れなお子様にも無理することなく、状況に応じた治療を心がけます。

歯周病の治療

1)ブラッシング指導・・
歯周病治療の第一歩は、まず患者さまによるブラッシングです。自分ではできているつもりでも、磨き残しがいろいろな所にあるはずです。どういう風に磨いたらよいか、患者さまに合った磨き方をいっしょに見つけていきましょう。
2)スケーリング・・
歯と歯ぐきの境目には、自分では気づかなくても結構歯石がついています。この歯石を超音波の器械で除去していきます。
3)ルートプレーニング・・
歯周病が進行してくると、歯ぐきの奥深くの歯の根っこの表面に歯石が付いています。この隠れた部分の歯石を丁寧に除去し根っこの表面をツルツルにすることで、歯ぐきの炎症が取れ新しい歯垢や歯石をつきにくくします。

虫歯の治療

C0〜C1・・
歯の溝に少し着色があったり、ごく表層(エナメル質内)の虫歯です。患者さまのお口や歯磨きの状況によりますが、原則的には削らず、フッ素塗布など定期的な管理のもと進行を防いぎます。
C2・・
少し歯に穴があいたり、詰め物のふちから虫歯になった場合です。この場合、まず虫歯を取ってから詰め物をしていきます。少し虫歯が大きい場合は麻酔をして治療をします。治療回数は1〜2回です。
C3・・
かなり大きな穴があいた虫歯です。たいてい強い痛みや、あついもの・冷たいものでしみるといった症状をともないます。この場合は神経にバイ菌が入っているので、歯の神経を取り根っこの中をきれいにしていきます。歯の種類や症状により治療は数回かかります。また、根っこの先にウミがたまっている場合も、根っこの中をきれいにしていきます。
C4.・・
虫歯が大きく進行し、歯の形がほとんどない状態です。痛みがないことも多いですが、治療法としては抜歯となります。